読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

南アフリカ5日目

南アフリカはアフリカじゃない まだ南アフリカにきて一週間も経ちませんが、ひとつわかったことがあります。 それは題名どおり南アフリカという国は名前にアフリカと入ってるくせにアフリカという概念から大きく外れているということ。どっちかっていったら…

南アフリカ4日目

アフリカ大陸最南端へ ケープタウンまで50Kmのところまできているのですが、今日はそこから100Kmほど離れてアフリカの南の端っこまで行ってきました。 朝の7時に冷たい雨の中出発。ここ南アフリカの今の時期の気候は日本でいうところの冬の迫った…

南アフリカ3日目

ワインツアーだったけれどダウン 昨日はリスのいる松林のキャンプ場に宿泊し、朝は9時からワインツアーに出発。 前に言ったとおり、僕は酒が飲めないので、キャンプ場に居残ろうかと思いましたがワイン醸造の現場も見られるときいてそれは面白そうだと思い…

南アフリカ2日目

9時という幸せな時間に出発。 ↑やんちゃなロビンくん2才と名前も歳も知らない猫に別れを告げて↓ 今日は移動だけで終わってしまいました。でも距離はだいぶと稼いで、ざっと200Kmは南下したかと思います。その移動の間は例の通りビーチから外を眺めて…

南アフリカ1日目*

19ヶ国目 南アフリカ共和国 (地図ピンク色) ↑立派な国境 昨日の内に国境50Km手前まできて、本日の朝に国境アタック。でも南アフリカはビザなしのエントリーなのでアッタクもなにも顔パスで入れます。ジュリアやピジョーシは大使館に行ってもビザもら…

ナミビア14日目最終日

何にもない国、ナミビア ナミビアには何もない、「無」という言葉がよく当てはまります。 こんなまっすぐ線を引っぱったような地平線がどこでまでも続いているのです。 僕はいつだったかに言った通り無類の地平線好き。いつまでだってどこまでだって窓から顔…

ナミビア13日目

ひとまずの別れ ここウィントフックでは5人がツアーを離れることとなります。その人々の内情も様々で、タミーはパスポートの残存ページが少なく新たにパスポートを作り直すためにここウィントフックの空港からいったん母国 イギリスに帰って、また南アフリ…

ナミビア12日目

こんなところで日本人 3rd ↑朝からオリックス、今日またこいつを食べることになろうとは。 今日は朝6時という夜が明け切らない中での出発、そして順調に進んで10時に目的地ウィントフックに到着。 ↑本日の寝所、どうやらバックパッカー宿のようです。 …

ナミビア11日目’

ナミブ砂漠を脱し首都 ウィントフックへ 今日は12時までスワコプムントにいて、それから移動となりました。 まずは昨日ロベン島の予約をしたと話したらいくつかの人も行きたいと言いだして、彼らの分の予約をしてあげました。前に言った通り僕はクレカから…

ナミビア10日目

快適な文明ライフを満喫しております。 今日はアクティブが過ぎた昨日と打って変わって穏やかな凪のような一日を過ごしてました。 思いっきり朝寝坊して外を見てみると濃いスモッグが町全体に落ちてました。これが昨日だったなら確実にスカイダイビングでき…

ナミビア9日目

上空3,000mからの投身!、30秒間空を飛ぶ!! 落ちる落ちる、みるみる落ちて丸かった地平線がまた直線に戻っていく。重力に引っ張られて、ダイブした瞬間から体は急加速、最高時速200kmの風を受ける未踏の世界へ。そしてパラシュートが開き、空…

ナミビア8日目*

トラックのお引っ越し 今日は久々のベットの寝心地の良さに存分に甘えて、8時近くまで寝ちゃってました。他のみんなは随分早くに起きてすでに作業を始めていて、僕が旧トラックに入ったときには下の状態になってました。 もう座席が取っ払われていて原形が…

ナミビア7日目

10万匹のアザラシの大群観察 昨日起こったパンクの修理はなかなか手こずって、今日も朝からスティーブは修理。結局8時出発のはずが9時を回ってのこととなりました。 今日の行く先はアザラシに見に行ってその後スワコプムントに到着する予定。 ↑エントラ…

ナミビア6日目

あちぃっ!とかくあちぃっ涸れる!タイヤもノックダウン 熱波とはこのこと。夜と明け方はとても過ごしやすいのですが、陽が昇ったかと思うと気温は急上昇。ぐんぐん上がっていって、正確な気温はわからないのですが、体温に近い、35度を超えていることは確…

ナミビア5日目

1000万年前の木と2600年前の壁画 今日は朝からロッククライミング。といってもそんなタイソウな岩登りではなくて、高さが30mくらいなものなので登っても大した景色は見えません。まあちょっとした運動にはなりましたかね。 ↑カナディアン マーク…

ナミビア4日目

ヒンバ村探検記 昨日はチーターパークの中にあるキャンプ場に泊めさせてもらいました。まさかの焚き火のホットシャワーがあったのですが、エトーシャのシャワールームにシャンプーを置き忘れるポカをしでかしたのでダンネン。まあ一昨日思う存分にホットシャ…

ナミビア3日目

念願のチーターパーク!! 今朝は5時半という真っ暗闇の中起き出して、昨日行った泉に動物が水飲みにくるのを夢みて行ってみました。そこには何人かのツアー連中が寝袋を持参して一晩中張っていたようですが、僕が行ったときにはみんな爆睡してましたね。そ…

ナミビア2日目

どこまでも続く地平線、エトーシャ国立公園 朝の8時に出発。目指すはエトーシャ国立公園です。今回はガーナのモレ国立公園の時とは違って、サファリカーを雇わず、トラックに乗り込んだままゲームドライブをすることができ、またパーク内への入園料もオアシ…

ナミビア1日目

18ヶ国目 ナミビア共和国 (地図空色) 前回のアンゴラ脱出時は5時間を超す大業となりましたが、今日の出国はとてもスムーズにいって、ナミビアの入国まで約2時間かからずに済んでしまいました。ナミビアの入国は日本国籍だとビザは不要で、ボーダーにて…

再アンゴラ13日目最終日

アンゴラさん、あなたのことナメてたわ。ごめんなさい アンゴラに入る前の記事で「ナミビアに辿り着くためにはアンゴラという鬼門に2週間耐えねばならない」と書きました。でもこうして最終日を迎えてみると、アンゴラという国への印象は大きく変わってしま…

再アンゴラ12日目

昨夜は大変に冷え込んで、さらに冷たい雨がテントを打ちつけました。快適に寝られるとタカをくくっていたのですが、高所はやっぱり侮れません。最低だと10度前後だったんじゃないかな。足が冷えて寝袋だけでは心もとないほどでした。この寒さはカメルーン…

再アンゴラ11日目

バオバブの国、アンゴラ 大自然の残っているアンゴラの地には多くのバオバブの木が自生しています。いつだったかの記事(調べてみるとセネガル7日目でした)で僕は植物に関しては無頓着で無知識だけど、ことバオバブのことになると興味があり、とても好きな…

再アンゴラ10日目

連日の雨、雨季の実感 最近は一日の例外もなく、必ず雨が降っています。厚い真っ黒な雲がどこからともなくやってきて、ザーザーと雨を落とし、1,2時間経ったら飽きたかのように去っていきます。そうしたことが一日に1度の日もあれば何度も降っては止んだ…

再アンゴラ9日目

この旅初めてのスタック、事故、足止めの一日 ↑泥にタイヤがとられて空回り。進めない。 前日大雨のおかげで体を洗えたまでは良かったものの、その雨は一晩中降り続いて、道路に復帰するまでの土道は存分にその雨を吸収して劣悪な泥道と化していました。 ↑め…

再アンゴラ8日目

アンゴラの絶景がとまりません 今日も丸々一日を使っての移動日。でもトラックの窓やビーチから外を眺めているだけで、その一日を堪能できるほどに充実した眺めが今日は終始続いていました。 昨日の内に奇岩、滝という寄り道の分岐点まで戻ってきて、今日か…

再アンゴラ7日目*

今日は来た道をルアンダに向かって戻っていっただけで日が暮れていきました。昨日まで訪れていた奇岩や滝は実は、オアシス社にとって初めての訪問だったそうで、みんな口々に「次からは毎回行くべきだ」、「なんで今まであんな絶景見逃してたんだ」と、奇岩…

再アンゴラ6日目

大スペクタクル!隠された巨大瀑布!! 今日は8時に奇岩群を去って(その前に岩登りをしたのだけれどここでは割愛、昨日の記事に追加で載せました)、目指すはカランドゥーラの滝。 道路の舗装は完璧で、時速80Kmと飛ばし3時間をきってカランドゥーラ…

再アンゴラ5日目

今日は朝から生憎の雨。テントを片してすぐ本降りとなってきました。それはそれは間一髪、ラッキーでしたね。 7時に出発で、2時間も経つと雨は止んで、晴れ間が覗き始めました。 途中寄った小さなマーケットでブッシュミートを見かけました。一つは大鼠み…

再アンゴラ4日目

アンゴラの首都 ルアンダ散策 昨日は奇岩の崖の上にテントを設営し、夜を明かしました。そして今日の出発時刻はまさかの5時。なぜこんなに早いのかというと、今日向かう先は昨日通り過ぎたルアンダでここから約2時間かけて移動しないとなりません。もし8…

再アンゴラ3日目

朝の8時に出発、200Km先にあるルアンダを目指します。道のコンディションは良好、コトロドコロに穴はあるものの、補修されたところも数多くあり、時速6、70Kmの速さで進んでいきます。 ↑途中また汚ったねえ川で体を洗う一同 そして順当に進み、3…

再アンゴラ2日目

7時半に出発。 その出発前の朝、ボブが誕生日プレゼントだと言って現ナマで20USドルをくれました。ちなみに僕の誕生日は3日前に終わっています。 いやあ、こんな怖いプレゼントってないですよね。現金って笑。もしも英語がペラペラにしゃべれていたら丁…

再アンゴラ1日目

七時半にお世話になった教会兼小学校(キリスト教会が学校を運営してるところをけっこう見かけます)をあとにして一行はアンゴラとの国境を目指します。 ↑出発の時間がちょうど登校時間と重なって、物珍しくトラックを見つめる子どもたち 4時間ほど走って、…

DRC4日目最終日*

今日は丸一日マタディに滞在することになります。んでもって、僕がしたことは良質なWi-Fi探しの旅。まあ旅ほどたいそうなものではないのですが、アフリカでWi-Fiを探すってけっこう骨がおれるんですよね。見つかってもバカみたいな金とるところも多いし… 朝…

DRC3日目

コンゴ民主共和国で二十歳を迎える!! 三月某日、無事20歳を迎えることができました。まさかこんなところで僕が二十歳を迎えることになるんだなんて、産んだ時に親はおもいもしないでしょうね笑。こんなコンゴ民主共和国なんていう怪しげな名前の国でね。…

DRC2日目

昨日の到達地点はコンゴ川の河口。ここからコンゴ川の流れと逆に上流目掛けて進んでいきます。 上画は河口から50Kmほど遡った地点なのですが、まだまだ川幅は広くて壮大な川だなと感じます。 ↑途中に食物調達のため立ち寄った村。興味津々にドアから車内…

DRC1日目

17ヶ国目 コンゴ民主共和国 (地図橙色) やっぱ待たすよね、アンゴラさん… 昨日はアンゴラの移民局で一泊させてもらって、朝の8時から業務が始まるということでそこから出国の手続きとなりました。本来出国の手続きというものは入国の時と比べると、とて…

アンゴラ1日目最終日

16ヶ国目 アンゴラ共和国 (地図黄色) 朝の6時、まだ夜も明けきらない中テントを片して、パンを齧りいざ出発。今日は鬼門アンゴラに入る日です。といってもタイトル通り1日で終わるのですが…その理由は後ほど。 ポワントノワールはコンゴとアンゴラの国…

コンゴ4日目最終日’

今日もホテル周辺から一歩も外に出ることなく、本を漁ったり、海に遊泳に出たり、居眠りをしたりして一日が過ぎていきました。 しかし今日の大きなイベントは、夕飯がとてもラグジュアリーなものでした。というのも一昨日言ったように、このホテルのビーチに…

コンゴ3日目

溜まっていた洗濯をして、その次に汗まみれ、垢まみれの自分自身を洗濯して、その後はゆったりともう汗をかかないようにビーチの前にてカームな休日を過ごしました。 、というわけで今日はブログも休憩。真っ赤に染まった空と水平線の画像を貼ってお別れです…

コンゴ2日目*

上画のとおり、昨日とは打って変わって、道路は舗装され二車線もあってと今日は移動に最適ロードとなりました。 ↑女性の横に寝ている猿、これはペットで…はなく、すでに死んでいて彼らは煮てか焼いてかしらないけれどこいつを食べるのです。 その良好道路の…

コンゴ1日目

15ヶ国目 コンゴ共和国 (地図茶色) アフリカの原風景 昨夕にコンゴ共和国に入り、ボーダー近くでブッシュキャンプ。そして朝の7時に出発しました。 昨日のガボン最終日から上画の通り、道が舗装されなくなって、そのガタゴト道が今日一日続きました。道…

ガボン4日目最終日

昨日の移動でガボン南部に差し掛かり、今日の夕方にはコンゴに無事入国しました。そのこと以外にたいしてなんのイベントもない、本当に平凡な今日も平和な一日でした。 ↑塀によじ登り、笑顔をみせる小学生。今日も平和です。 今日のお話は今の僕の懐事情につ…

ガボン3日目

移動が続いています。今走っているのはガボンの中央、目指すはコンゴ共和国です。 ↑ブルースの毎日の日課、朝のヨガ 昼前にはランバレネという中部最大の町に到着、3時間ほど自由行動のため滞在しました。でも中部で一番大きいといったって、ここはガボンと…

ガボン2日目

さよなら北半球、一行は南半球へ!! 昨日の記事でここから一ヶ月はなんの変哲もないただの移動月間になるみたいなことを書きましたが、さっそくイベント起こっちゃいました。 まあ基本的には移動日なので朝の7時に出発、ひたすらに走り続けて、昼食休憩の…

ガボン1日目

14ヶ国目 ガボン共和国 (地図青色) 朝の9時にはカメルーンを抜け出して、橋を渡りガボンに入国。今度はガボンのイミグレで入国手続きで、それもいつも通り何のトラブルもなくただちょっとした時間トラックで待機するだけで、すんなりと中央アフリカの地…

カメルーン15日目最終日

西アフリカ制覇!!これまでを見返してみる 今日は昼の12時半まで首都ヤウンデにて自由行動、次の都会がいつになるかわからないので文明欲を十分に満たしておきます。そして予定通り12時30分ちょっきしに出発、と思いきやさっそくに都市部には付きもの…

カメルーン14日目*

↑めちゃめちゃ雰囲気のあるキャンプファイヤー場がありました。 昨日の夕刻、カメルーンの首都に着いてからまずしたこと。それはSIMカードの入手です。ナイジェリアのボーダーからカメルーンの北部まで実に2週間インターネットのないところにいたことに…

カメルーン13日目

本日はカメルーン山登山記 後編 昨日の記事では登りきったところまでをお送りいたしました。でも山登りというのはマラソンと違ってゴールテープを切ったらそこで終了もう休んでいいですよ、というわけにはいきません。当たり前ですが登ってから下るまでがワ…

カメルーン12日目

若さに挑む!4,000m超え、カメルーン山登山記 カメルーン8日目から10日目の3日をかけて、西アフリカの最高点まで登ってきました。その山の名はカメルーン山、カメルーンにあるからカメルーン山、まあなんの捻りもないのですが、その3日間をダイジ…

カメルーン11日目

NOW ON REST (サボり)