ボツワナ1日目

20ヶ国目 ボツワナ共和国 (地図ミドリ) めっちゃ久しぶりに国旗と地図貼った心持ちです。 今日は朝からボーダーに出ていって越境。全くスムーズに進んでいってすぐにボツワナ入国。まあ並んで順番が回ってきたら旅券と申請書を渡してスタンプを押して貰…

再ナミビア12日目最終日

↑巨漢トムと見比べても大きいバオバブだ ナミビア一の巨木、バオバブ 昨日行くはずだったけど暗くなってから着いたので繰り越したバオバブを今日は朝から見に行ってきました。それでこの朝一番の出来事が僕にとっては今日唯一のいべんとになりましたね。 料…

再ナミビア11日目

悠久のエトーシャ国立公園 その弐 エトーシャ2日目、今日もたくさんの動物をみれた良い日になりました。 ↑まずはやたらと黒いキリンから。年寄りだから黒いのかしらん そしてエトーシャ国立公園といえば干上がった莫大な湖のおかげでできた下の地平線です。…

再ナミビア10日目

帰ってきた悠久のエトーシャ国立公園 真っ平らでなんにもない世界、エトーシャナショナルパークに再びやってまいりました。空が広いっ! 今日と明日の2日間はエトーシャ国立公園でゲームドライビングをすることとなっています。なのでこの両日とも動物や良…

再ナミビア9日目*

↑チーターと緑って不調和ね。 昨日の記事で言ったように今日はチーターパークへ再訪、ただヒンバ村へは予定が繰り下がって明日の朝訪れることとなりました。まあ僕はどっちにしろもう行かないからどうだっていいのだけれど。 ↑チーターの餌になる牛の解体作…

再ナミビア8日目

同じことの繰り返し 今日は10時にスワコプムントを出発。 その前にロッジ前で散髪をしました。ガーナのクマシ以来この旅3度目の散髪です。もう3ヶ月半近くほったらかしにしていたので、襟足も揉上も伸びっぱでけっこう悲惨なものになっていました。それ…

再ナミビア7日目

第一回 お料理日記 〜豚の生姜焼き〜 ◎材料(一人前) ・豚 2切れ ・玉葱 1玉 ・生姜 1つ ・大蒜 1かけ ・醤油 適量 ・調味料 適量 ◎調理行程 1.豚こまがベストだけどナミビアにそんなものは売ってなかったので、ポークジンジャー風に。まずは下準備と…

再ナミビア6日目

デザートツアー、様々な砂漠の動物たち 今日は心地良いベッドの中でもっと寝たい気持ちを押さえながらも7時に起床。それはナミブ砂漠ツアーに出かけていくためです。今日の記事は動物がいっぱいいたので、その分写真多めになります。 一緒に行くのはインド…

再ナミビア5日目

しょぼい奇岩群 今日はスワコプムントに向かう途中に奇岩群(パッとしなくてなんて名前忘れた)を見に行ってハイキングしてきました。 朝の7時に出発して少し回り道とはなるものの奇岩を拝見してきました。感想は先に述べたとおりけっこう微妙。アンゴラで…

再ナミビア4日目

嗚呼、ドローン いくつか日本に忘れ物をしてきたのだけれど、一番持ってこれば良かったなあ、と後悔しているのはドローンです。今日はドローンのお話し。 これはいくらするのか知らないけど、たとえ10万以上したとしても、いくらかさ張ったとしても持って…

再ナミビア3日目

おっきな砂場、ナミブ砂漠 そして夢に見たデッドフレイ 真っ暗な中、眠い目を擦りながら4時半に起床。そして予定通りの5時に開門と同時にいの一番で出発。まあのろいから後続にすぐに抜かれてしまったのですけれど笑。 ↑出るときにはすでに東の空が白んで…

再ナミビア2日目*

今日は一日丸々使っての完全な移動日となりました。今日したこととゆえば途中停止しての薪拾いくらい。でも我々キャンプ生活者として日々を送っている以上、燃料となる薪集めは肝心要の重大仕事。これがなかったらあったかい飲み物も飯も何もできやしないの…

再ナミビア1日目

雄大、壮大、広大なフィッシュリバーキャニオン また大地と空に包まれたフラットなお国 ナミビアに帰ってまいりました。今回2度目のナミビアには2週間弱の滞在予定で、途中にはナミブ砂漠 ソサスフレイや今日訪れたフィッシュリバーキャニオンなどの前回行…

南アフリカ13日目最終日

今日も真っ直ぐな日差しを受けて、ひたすら北上。 夕刻に国境に到着。1時間もかからずに難なくナミビア再入国。そして南アフリカ側国境付近のホテルで我々を待っていたピジョーシをピックアップして、その後ブッシュキャンプ。まあこれといってなんもない一…

南アフリカ12日目

新しい仲間と。第二章開幕 前の一週間レポートでいったように、今日から第二幕、南&東アフリカ編が始まります。とはいっても、西アフリカ編が5ヶ月もかかったのに対して、次の旅(ケープタウンtoナイロビ)は2ヶ月と少しで終わってしまいます。まあ訪れ…

南アフリカ11日目

NOW ON REST

南アフリカ10日目

NOW ON REST

南アフリカ9日目

NOW ON REST

南アフリカ8日目*

一週間レポート その22 意図もしない休息(サボり) ホントはこんなところで記事をサボるつもりは全くなかったのだけれど、なんか気分が乗らないなあ、書きたくないなあ、ということで細かな一日々々の記事は書かないことに決めて、南アフリカ7日目〜11…

南アフリカ7日目

NOW ON REST

南アフリカ6日目

西アフリカ軸でのアフリカ大陸縦断達成!! やっとというか、あっという間というか、ここまで来ちゃいましたね、喜望峰!名前の響きがなんとも良いですよね。Cape of Good Hopeからこれに訳した人スゴイって単純に思う。けっこうな飛躍があるよね、もはや感…

南アフリカ5日目

南アフリカはアフリカじゃない まだ南アフリカにきて一週間も経ちませんが、ひとつわかったことがあります。 それは題名どおり南アフリカという国は名前にアフリカと入ってるくせにアフリカという概念から大きく外れているということ。どっちかっていったら…

南アフリカ4日目

アフリカ大陸最南端へ ケープタウンまで50Kmのところまできているのですが、今日はそこから100Kmほど離れてアフリカの南の端っこまで行ってきました。 朝の7時に冷たい雨の中出発。ここ南アフリカの今の時期の気候は日本でいうところの冬の迫った…

南アフリカ3日目

ワインツアーだったけれどダウン 昨日はリスのいる松林のキャンプ場に宿泊し、朝は9時からワインツアーに出発。 前に言ったとおり、僕は酒が飲めないので、キャンプ場に居残ろうかと思いましたがワイン醸造の現場も見られるときいてそれは面白そうだと思い…

南アフリカ2日目

9時という幸せな時間に出発。 ↑やんちゃなロビンくん2才と名前も歳も知らない猫に別れを告げて↓ 今日は移動だけで終わってしまいました。でも距離はだいぶと稼いで、ざっと200Kmは南下したかと思います。その移動の間は例の通りビーチから外を眺めて…

南アフリカ1日目*

19ヶ国目 南アフリカ共和国 (地図ピンク色) ↑立派な国境 昨日の内に国境50Km手前まできて、本日の朝に国境アタック。でも南アフリカはビザなしのエントリーなのでアッタクもなにも顔パスで入れます。ジュリアやピジョーシは大使館に行ってもビザもら…

ナミビア14日目最終日

何にもない国、ナミビア ナミビアには何もない、「無」という言葉がよく当てはまります。 こんなまっすぐ線を引っぱったような地平線がどこでまでも続いているのです。 僕はいつだったかに言った通り無類の地平線好き。いつまでだってどこまでだって窓から顔…

ナミビア13日目

ひとまずの別れ ここウィントフックでは5人がツアーを離れることとなります。その人々の内情も様々で、タミーはパスポートの残存ページが少なく新たにパスポートを作り直すためにここウィントフックの空港からいったん母国 イギリスに帰って、また南アフリ…

ナミビア12日目

こんなところで日本人 3rd ↑朝からオリックス、今日またこいつを食べることになろうとは。 今日は朝6時という夜が明け切らない中での出発、そして順調に進んで10時に目的地ウィントフックに到着。 ↑本日の寝所、どうやらバックパッカー宿のようです。 …

ナミビア11日目’

ナミブ砂漠を脱し首都 ウィントフックへ 今日は12時までスワコプムントにいて、それから移動となりました。 まずは昨日ロベン島の予約をしたと話したらいくつかの人も行きたいと言いだして、彼らの分の予約をしてあげました。前に言った通り僕はクレカから…

ナミビア10日目

快適な文明ライフを満喫しております。 今日はアクティブが過ぎた昨日と打って変わって穏やかな凪のような一日を過ごしてました。 思いっきり朝寝坊して外を見てみると濃いスモッグが町全体に落ちてました。これが昨日だったなら確実にスカイダイビングでき…

ナミビア9日目

上空3,000mからの投身!、30秒間空を飛ぶ!! 落ちる落ちる、みるみる落ちて丸かった地平線がまた直線に戻っていく。重力に引っ張られて、ダイブした瞬間から体は急加速、最高時速200kmの風を受ける未踏の世界へ。そしてパラシュートが開き、空…

ナミビア8日目*

トラックのお引っ越し 今日は久々のベットの寝心地の良さに存分に甘えて、8時近くまで寝ちゃってました。他のみんなは随分早くに起きてすでに作業を始めていて、僕が旧トラックに入ったときには下の状態になってました。 もう座席が取っ払われていて原形が…

ナミビア7日目

10万匹のアザラシの大群観察 昨日起こったパンクの修理はなかなか手こずって、今日も朝からスティーブは修理。結局8時出発のはずが9時を回ってのこととなりました。 今日の行く先はアザラシに見に行ってその後スワコプムントに到着する予定。 ↑エントラ…

ナミビア6日目

あちぃっ!とかくあちぃっ涸れる!タイヤもノックダウン 熱波とはこのこと。夜と明け方はとても過ごしやすいのですが、陽が昇ったかと思うと気温は急上昇。ぐんぐん上がっていって、正確な気温はわからないのですが、体温に近い、35度を超えていることは確…

ナミビア5日目

1000万年前の木と2600年前の壁画 今日は朝からロッククライミング。といってもそんなタイソウな岩登りではなくて、高さが30mくらいなものなので登っても大した景色は見えません。まあちょっとした運動にはなりましたかね。 ↑カナディアン マーク…

ナミビア4日目

ヒンバ村探検記 昨日はチーターパークの中にあるキャンプ場に泊めさせてもらいました。まさかの焚き火のホットシャワーがあったのですが、エトーシャのシャワールームにシャンプーを置き忘れるポカをしでかしたのでダンネン。まあ一昨日思う存分にホットシャ…

ナミビア3日目

念願のチーターパーク!! 今朝は5時半という真っ暗闇の中起き出して、昨日行った泉に動物が水飲みにくるのを夢みて行ってみました。そこには何人かのツアー連中が寝袋を持参して一晩中張っていたようですが、僕が行ったときにはみんな爆睡してましたね。そ…

ナミビア2日目

どこまでも続く地平線、エトーシャ国立公園 朝の8時に出発。目指すはエトーシャ国立公園です。今回はガーナのモレ国立公園の時とは違って、サファリカーを雇わず、トラックに乗り込んだままゲームドライブをすることができ、またパーク内への入園料もオアシ…

ナミビア1日目

18ヶ国目 ナミビア共和国 (地図空色) 前回のアンゴラ脱出時は5時間を超す大業となりましたが、今日の出国はとてもスムーズにいって、ナミビアの入国まで約2時間かからずに済んでしまいました。ナミビアの入国は日本国籍だとビザは不要で、ボーダーにて…

再アンゴラ13日目最終日

アンゴラさん、あなたのことナメてたわ。ごめんなさい アンゴラに入る前の記事で「ナミビアに辿り着くためにはアンゴラという鬼門に2週間耐えねばならない」と書きました。でもこうして最終日を迎えてみると、アンゴラという国への印象は大きく変わってしま…

再アンゴラ12日目

昨夜は大変に冷え込んで、さらに冷たい雨がテントを打ちつけました。快適に寝られるとタカをくくっていたのですが、高所はやっぱり侮れません。最低だと10度前後だったんじゃないかな。足が冷えて寝袋だけでは心もとないほどでした。この寒さはカメルーン…

再アンゴラ11日目

バオバブの国、アンゴラ 大自然の残っているアンゴラの地には多くのバオバブの木が自生しています。いつだったかの記事(調べてみるとセネガル7日目でした)で僕は植物に関しては無頓着で無知識だけど、ことバオバブのことになると興味があり、とても好きな…

再アンゴラ10日目

連日の雨、雨季の実感 最近は一日の例外もなく、必ず雨が降っています。厚い真っ黒な雲がどこからともなくやってきて、ザーザーと雨を落とし、1,2時間経ったら飽きたかのように去っていきます。そうしたことが一日に1度の日もあれば何度も降っては止んだ…

再アンゴラ9日目

この旅初めてのスタック、事故、足止めの一日 ↑泥にタイヤがとられて空回り。進めない。 前日大雨のおかげで体を洗えたまでは良かったものの、その雨は一晩中降り続いて、道路に復帰するまでの土道は存分にその雨を吸収して劣悪な泥道と化していました。 ↑め…

再アンゴラ8日目

アンゴラの絶景がとまりません 今日も丸々一日を使っての移動日。でもトラックの窓やビーチから外を眺めているだけで、その一日を堪能できるほどに充実した眺めが今日は終始続いていました。 昨日の内に奇岩、滝という寄り道の分岐点まで戻ってきて、今日か…

再アンゴラ7日目*

今日は来た道をルアンダに向かって戻っていっただけで日が暮れていきました。昨日まで訪れていた奇岩や滝は実は、オアシス社にとって初めての訪問だったそうで、みんな口々に「次からは毎回行くべきだ」、「なんで今まであんな絶景見逃してたんだ」と、奇岩…

再アンゴラ6日目

大スペクタクル!隠された巨大瀑布!! 今日は8時に奇岩群を去って(その前に岩登りをしたのだけれどここでは割愛、昨日の記事に追加で載せました)、目指すはカランドゥーラの滝。 道路の舗装は完璧で、時速80Kmと飛ばし3時間をきってカランドゥーラ…

再アンゴラ5日目

今日は朝から生憎の雨。テントを片してすぐ本降りとなってきました。それはそれは間一髪、ラッキーでしたね。 7時に出発で、2時間も経つと雨は止んで、晴れ間が覗き始めました。 途中寄った小さなマーケットでブッシュミートを見かけました。一つは大鼠み…

再アンゴラ4日目

アンゴラの首都 ルアンダ散策 昨日は奇岩の崖の上にテントを設営し、夜を明かしました。そして今日の出発時刻はまさかの5時。なぜこんなに早いのかというと、今日向かう先は昨日通り過ぎたルアンダでここから約2時間かけて移動しないとなりません。もし8…