読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

モロッコ10日目

f:id:baobab-no-ki:20161127015439j:plain

ラバトにただ一つの観光地 ムハンマド5世廟&ハッサンの塔

聞いた話では、ラバトにはただ一つしか観光するところはないとのこと。確かにラバトにはメディナアラビア語で町の意)もあるのですが、フェスに比べてしまうとまあ見劣りしてしまい、また迷うこともないほどの規模です。町並みも路面電車があったりはしても、見栄えするようなものはこれといってありません。

f:id:baobab-no-ki:20161127015534j:plain              道中の変わった木

しかしここには一つムハンマド5世廟なるものがあるのです。ムハンマド5世とは1956年からおよそ半世紀におよぶフランスによる植民地支配からモロッコを独立させた英雄で、今でもモロッコ国民は彼を誇りに思い尊敬しているのだそう。ちなみに彼の孫がモロッコ現国王ムハンマド6世。

f:id:baobab-no-ki:20161127015503j:plain騎馬衛兵が迎えてくれました

そのムハンマド5世が奉られているのがムハンマド5世廟という立派なお墓。その前にはトレードマーク(こちらの方が800年ほど昔に建てられているのですが)となっているハッサンの塔がありその手前にはかつてあった大きなモスクの柱があります。これがまた幻想的でとても良かったです。

f:id:baobab-no-ki:20161127015601j:plainハッサンの塔とかつての柱

このハッサンの塔のなんですが、10世紀の建設当時高さは88Mを目指していたそうなのですが、中止になりその半分の44Mと半分で止まっているのだそう。確かにてっぺんを見てみると中途半端なところで終わっているような気もする。

f:id:baobab-no-ki:20161127023816j:plain言われてみれば途中で切れている

 

f:id:baobab-no-ki:20161127022012j:plainムハンマド5世廟 外観

中の装飾はとても豪華で綺羅びやかで繊細な細工がほどこされていました。

f:id:baobab-no-ki:20161127021700j:plainせっかくの綺麗なステンドグラスのはずがブレブレの写真

f:id:baobab-no-ki:20161127021927j:plainこの棺桶はの中でムハンマド5世は安らかに眠られている

f:id:baobab-no-ki:20161127015629j:plainここにもありましたモザイク画

以上、写真中心でお送りしました。