モーリタニア2日目*

事故りました f:id:baobab-no-ki:20161206033143j:image

f:id:baobab-no-ki:20161206033124j:image

f:id:baobab-no-ki:20161206033141j:imageすぐに集まる野次馬たち

まあちょっとした接触事故だったので大事にいたりませんでした。簡単に実況見分をしますとトラックがキャンプサイトに入るために一度停車していたところ、このボロボロのトヨタ車がぶつかってきたという感じです。まあ本当に軽い接触程度で相手の車はバンパーがちょっとイカれてましたが、こちらはビクともしてませんでした。

今日は昼前からビーチに出かけていて、その帰りに事故にあったのです。

 

f:id:baobab-no-ki:20161207055015j:plain崖から見下ろしたビーチ

f:id:baobab-no-ki:20161207055311j:plain座礁船も見つけました。

 

今日のことは大した事もなかったし写真だけにしまーす。

 

それよりも、

1週間レポート その③ マラリアの運命は?

ツアーが始まり3週間が経ちましたが、今のところ一番懸念していた問題のダシの飢えにはまだ至っていません。

また直近の問題であったマラリアの予防薬、西サハラの都市、レイユンでニヴァキンという名のクロロキンの予防薬が手に入りました。f:id:baobab-no-ki:20161206021624j:plainクロロキンとはいくつかあるマラリア予防薬の一種で、とても古くから使われている薬です。しかしその古さからアフリカではこれに耐性をもったものが多くあまり効果的でないとされています。ただその認知度と安価で手に入ることから今でも多くの現地人に使われるものだそう。一箱6週間分で約130円。ひくほど安い。ちなみに治療薬として買った下の画像のマラニール一回分で5,000円強です。まじで笑えない。

f:id:baobab-no-ki:20161206022052j:plainこの二つでやっていきます。

クロロキンあまり効かないんだとわかっていても、飲まないよりか飲んだ方がマラリア原虫も弱るでしょうという素人的考えからこれで乗り切っていくつもりです。

マラリアはハマダラカという蚊を介してかかるのですが、マラリア原虫を持っている蚊は全体の1%ほどだそうです。少ない、僕もそう感じました。100回刺されてやっとマラリアに1度入られる確率なのだから。ただ僕らのやっているキャンプ生活というまさに蚊に食事を提供しているような環境ではおそらく1日に10回は刺されるでしょう。

なので僕の結論、よく飯を食って、よく寝る。そのようにして基礎体力を維持すること、これにに気をつけようと決めました。まあそれでもマラリアに対しなんの免疫も持っていないこのDNA、どうしてもかかってしまうかもしれません。

まあ少しでもマラリアにかかったような兆しがあれば、なんの意地も張らずにツアーから離れる気持ちで行動はします。熱帯マラリアなんかだと24時間以内に処置を受けないといけないので、悔やんで、惜しんでこのツアーに残ろうとせず、ヘリに乗ってでも命を取る覚悟です。そのために高っかい海外保険に入ったんだしね。

以上マラリアを中心にした回でした。一方、英語に関しては相も変わらずです。