ギニア2日目

クリスマスイブにカバを見る。

f:id:baobab-no-ki:20161230054027j:plain

 
今日は朝から移動で、昼前に大きなダムの近くに車を停めてここに2日ブッシュキャンプをします。なぜキャンプサイトでもないのにこんなところで2日も留まるのかというと、それはクリスマスイブ&クリスマス本チャンをゆっくり過ごすためです。

f:id:baobab-no-ki:20161230053216j:plain大量の落ち葉のある林の中でキャンプします

f:id:baobab-no-ki:20161230053515j:plain見渡せるほどの大きさのダム。下には中国の支援でできた水力発電所があります。

かと言っても昼過ぎに着いて時間は有り余っているので、両替をかねて少し街に出ることにしました。ただトラックでは行けなくて、となると移動手段はタクシーということになるのですが、ここは町の中でもなんでもないダムがあるだけの山の上。なので道路の横に立ってヒッチハイクのように親指を上げて、通る車やバイクを止めていきます。

f:id:baobab-no-ki:20161230053648j:plain

止まる車はすでに人でいっぱいとなっていて乗れず(タクシーでなく普通の人の車)、炎天下の中待つこと30分、ようやく空のバイクタクシーが前を通り乗車して、町に出ることができました。

f:id:baobab-no-ki:20161230053923j:plain町では店番がサボってウィンイレをしてました

用を終えて、ダムに帰ってみるとなにか人だかりができていて、ヒポポタスヒポポタスと頻りに聞こえます。(ちなみに正解はヒポポタマス)なんだろうと思ってダムに行ってみるとカバがいました。遠く過ぎてよく見えなかいのですがそのなりは確かにカバです。

f:id:baobab-no-ki:20161230054056j:plainこれがぼくの望遠レンズの限界なのです

見た目は呑気なカバですが、本性は気性が荒くて一番といってもいいくらい危険な動物です。
実は昼にこのダムで水浴びをしていた人たちがいて、今思うとゾクッとしました。カバは怖い、のです。本当に。
 
 
クリスマスにカバをみるというなんだか不思議な心持ちになったという日でした。西洋の本場のクリスマスはイブでなく、当日が本番のようでイブは下準備で終えました。