シエラレオネ1日目

f:id:baobab-no-ki:20161231040548p:plainf:id:baobab-no-ki:20161231040546p:plain

6ヶ国目 ファミリーマート  (地図水色

 

というのは冗談で、6ヶ国目はシエラレオネです。最初この国の国旗を見た時になんか見たことあるなあと思っていたらファミリーマートでした。この驚きを分かち合いたいのにここにファミリーマートのマークを知っている人などいません。

「ファミリーマート  マーク」の画像検索結果↑このマークはシエラレオネからとったのか

なんかこの国旗のせいで妙にシエラレオネに親近感を覚えます。そんなシエラレオネの第一印象は道が良い、です。昨日までのギニア道は凸凹だらけでひどいものだったのですが、ここに入ったと同時にそんなものはなくなり、ボーダーから首都 フリータウンまで快適に移動できました。これはやはりシエラレオネの方が豊かよいうことなのか?

ところでまた一人病人が出てしまいました。それはイタリア人のパウロで、しかもこのツアー始まって以来の病院行きとなりました。フリータウンについてすぐに一番大きな病院に向かったのです。

f:id:baobab-no-ki:20170101081555j:plainフリータウン一の病院らしい(中国の病院)

その病院は中国の支援によって2年前に建てられたもので、上画の看板には感じでシエラレオネ(塞拉利昴)と書かれています。またこの中国のアフリカ支援の凄まじさについては一週間で詳しく書くつもりです。もう凄いんだから中国の進出。

彼はここで診断してもらっていて、その間病院の脇に停めたトラックの中でその結果を待っていました。

f:id:baobab-no-ki:20170101081621j:plain↑医者も全員中国人↓f:id:baobab-no-ki:20170101082339j:plain

そして待つこと4時間弱、パウロは病院にもうしばらくいるそうで、僕たちはトケオビーチというところにあるホテルに向かいました。

f:id:baobab-no-ki:20170101081511j:plain病院前で待っている間にファミマの店員(ポリス)とお話しました。

 

ホテルはオアシスでした。

着いて早々、久しぶりのホットシャワー で身を清め、長旅の疲れを癒やします。もちろんホテルの部屋を取るのではなくてテントなんですが、充電ができて、軽いWi-Fiがあり、めちゃくちゃ奇麗なビーチがあるここは僕にとってもう天国なのです。ここで年を越します。

f:id:baobab-no-ki:20170101085056j:plain↑着いた直後にもうみんな泳ぎ初めています。僕は明日にでも

 

PS.遅くまで溜まっていたブログ達を一気に解放(アップ)しているとパウロが帰ってきました。点滴かなにかを受けてきたみたいで、存外元気そうです。病名は肺炎だったそう。確かに咳ばかりしていたような