再ギニア1日目

f:id:baobab-no-ki:20170116022452j:plain

今朝、7時出発で国境へ、なんの問題もなく無事二度目のギニア入りを果たします。一番の目的地はコートジボワールへの入り口なのですが、その5Kmほど手前にあるチンパンジーの見れるところへと向かいます。

オール移動日の中僕はトラック’の中でずっとオアシス社のパンフレットとにらめっこしていました。その感想をお届けします。

 

このツアーには大きく分けて3つの地域、行き先があって、その中の一つが僕が今参加しているアフリカ、他2つが南米そして中央アジアとなっています。その中のアフリカと南米は大陸一周型なのですが、中央アジアのコースはロンドンを出発し中国は北京までユーラシア大陸を横断、つまりかつてのシルクロードを辿っていくというもの。実はこのルートが最初見た中で最も魅力的で興味があり最有力候補でした。

f:id:baobab-no-ki:20170116223903j:plain

ただ唯一にして最大の難点はその旅の日程。たったの17週間(約4ヶ月)しかなくて、可能な限り長いプランを求めていた僕にはこれは致命的なことでした。

今考えてみるともう一つありました。それは途中でトルコを長いこと走るということも大きなマイナスポイントです。今のあそこはいつ何時テロが起きてもなにもおかしくないので。そこをこんな目立つ西洋人をたくさん乗せたトラックが走るなんて狙ってくださいと言ってるようなものだと思う。でもルートは本当に理想的なモノなのでいつか中東が平和になったらまたこのプランを再検討してみようかなと思ってます。

次に南米のエクアドルは首都 キトを出発大きく南米大陸を回ってまたキトに帰ってくるというプラン

f:id:baobab-no-ki:20170116022500j:plain

このツアーは29週間という長さでだいたいが希望どおりの旅程です。それに加えて、道中にはマチュ・ピチュ、ウユニ塩湖、リオのカーニバル、アマゾンのジャングルの中を何日もかけて走り抜けるなどなどとてもバラエティに富んでいてなかなか惹かれる内容です。しかしまた問題があって、そのネックはツアー費。僕の参加しているこのツアーもちょうど29週間のものなのですが、それに比べてみると20万円以上も高額なんです。

そうして生き残ったのが今参加しているロンドン−ナイロビのプラン。

f:id:baobab-no-ki:20170116223849j:plain本当の最終目的地はカイロです。僕はその頃には大学に復帰してないとダメなので断念しました。

そう実はアフリカが最下位だったのです。でもだからといっていやいや仕方がなくここを選んだわけではありません。3年前にタンザニアを訪れた時の強烈な印象は鮮明に残っていますし、西アフリカ諸国はこうしたクレジットのある団体のツアーでないと個人ではどうしてもビザがどうしても下りなかったり、危険なので回りきることはそうとう難儀だと思われます。そういった点では南米はいつでも自分の行きたいを不便なく行けるのでアフリカに利があると思います。

f:id:baobab-no-ki:20170116223839j:plain

各地域に短期のものもあります。上プランは50日のもの

それにアフリカは今まさに発展をしようとしている真っ只中。10年後には全く異なった国に変貌してるかもわかりません。また10年後には紛争、戦争が起きていて立ち入りすらままならない事態になっていたとしても不思議ではありません。だからそうした国々の現状を記憶に留めておいて未来のアフリカと比較できるということはとても有意義に感じたのです。

とまあ今回はギニアに全く関係なく、オアシス社のステマのような記事になってしましました。もしもっと情報が欲しいという方は最後にオアシス社のURLがあるのでそこから飛んで見てみてくださいな。

 

明日もまたまた移動です。

 

オアシス社ホームページ http://www.oasisoverland.co.uk/