ガーナ6日目

f:id:baobab-no-ki:20170120053047j:plain

今日はクマシのホテルを7時に発ちました。まず起こったことが上にある通りの濃霧。もはや30m先が全く見えないほどの濃さで、雲の中にいるような気分です。たぶんこういう時に湿度100%になるんでしょうかね。

そういった重苦しい天気もすぐに晴れて出発2時間後にはいつものように快晴となります。いったい何日連続の晴れなのだろう。最後の雨、いや曇りさえもモロッコのラバトが最後です。てことは約2ヶ月になるのか。恐るべしアフリカの乾季。

f:id:baobab-no-ki:20170120053331j:plain

さて行き先はガーナの首都 アクラ今日のイベントは途中にあるカクン国立公園の中にあるアフリカに2つしかない内の1つであるながーい吊り橋を訪れる予定だったのですが急遽時間の都合上省かれることに。写真でみた時になかなかの高さ具合だったので期待していたのですが、残念です。

そして昨日のレポートでもいったことなのですが、ガーナはやっぱり他の西アフリカの中でも一段と裕福な財政、経済事情のようです。それは下の画像から感じることなのですが、

f:id:baobab-no-ki:20170120170155j:plain

見ていただくと道路のところどころに黒く四角いものがあるかと思います。これはすべて道路を補修したあとのもので、これがけっこう田舎の道を通ってもこの跡を見つけられます。マリやギニアでは道を作ってもまったく維持するということ考えないのかわからないのですが放ったままで小さな穴が広がっていってもはや原形をとどめてない劣悪な道路でした。

f:id:baobab-no-ki:20170120170309j:plain

そうして夕方にはビックミリーズバックヤードに無事到着しました。ここがこのツアーに何度かある中継ポイントの最初の一つ、新しい乗客が乗ったりまた降りていったりするところつまり一つの区切りとなます。兎にも角にもアクラまでまず大事もなくどうにかこうにか辿り着けたのをひとまず安心しています。南アフリカが次のポイントとなります。

 

明日は久しぶりのビザ申請に出かけます。