ナイジェリア1日目

 f:id:baobab-no-ki:20170207041059p:plainf:id:baobab-no-ki:20170207041056p:plain

12ヶ国目 ナイジェリア連邦共和国(地図エメラルド

ナイジェリアの特徴を一言で述べるとすると「人口過密国家」。

f:id:baobab-no-ki:20170209010838j:plain一平方キロメートルに3人しかいないモーリタニアの寂しさ

国土はべらぼうに大きいわけではないのに(世界31位)1億7500万(世界7位)もの人がいるのです。そして最大都市ラゴスには2000万人もの人が。これって世界一の人口過密なんじゃないですかね。ちなみに東京は1300万人です。

そしてもう一つおもしろいのがロンリープラネットに載っていた次の表、

f:id:baobab-no-ki:20170209010658j:plain

なんと西アフリカに住んでる人全ての内の約半分はナイジェリア人なのです。いやあ、人の数は国力に直結すると言うけれど凄い数字ですよね。1世帯の子どもの平均数が気になります。

あっもうひとつナイジェリアについてのことを言うと、ここはボビー・オロゴンの故郷です。なにかのイメージになればと思ってつけ足しました笑

f:id:baobab-no-ki:20170209010728j:plain両替するときにいた。どういうつもりなのか。まあおもしろくなくはない

そんなナイジェリアに入国するのもいつもどおり、あまり手こずることなく時間をかけるだけですんなりと入れました。ここから目指すは首都アブジャです。また先に述べた最大都市ラゴスによることはありません。なかなかカオスな香りがして楽しそうなところなのですが、時間の都合上ルートから省かれるのです。アブジャではカメルーンのビザを取得してその後カメルーンの国境に向かっていきます。その他に特にこれといったイベントも待ち構えてません。その次のカメルーンではいろいろとあるということなのですが。

f:id:baobab-no-ki:20170209010758j:plain子どもたちはここでも元気です。イノセンスです。今日も平和です。

実はここナイジェリアがこのツアーで通る25ヶ国の中で一番危険な国らしいのです。皆さんの記憶にもうっすら残っているかと思いますが、3年前女子学生を多数拉致して監禁したという事件。これを起こしたのはナイジェリアに拠点をおくボコ・ハラムという犯罪グループでしたし、他にも外国人を誘拐して身代金を求めるギャングたちもたくさんいるとのこと。ちょっと内心ビビってきちゃいました。でもここを通らなば旅は続けられません。いままで以上の警戒心をもって事にあたるとします。まあそれで防げりゃわけないんですが…

f:id:baobab-no-ki:20170209010816j:plainサンケツの中坊ども

アブジャまでは約600Km。明日途中少し観光に止まりますが、基本移動日が何日か続いて行きます。道がお手柔らかなことを祈るのみです。