読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

再アンゴラ8日目

f:id:baobab-no-ki:20170405012813j:plain

アンゴラの絶景がとまりません

今日も丸々一日を使っての移動日。でもトラックの窓やビーチから外を眺めているだけで、その一日を堪能できるほどに充実した眺めが今日は終始続いていました。

f:id:baobab-no-ki:20170330182108j:plain

昨日の内に奇岩、滝という寄り道の分岐点まで戻ってきて、今日からはまたアンゴラ縦断の再会です。

f:id:baobab-no-ki:20170405010426j:plain食材調達のために停まると我先にと頭に野菜を乗せて駆けてくる売り子たち

f:id:baobab-no-ki:20170405010721j:plain途中に見かけたコーヒーの大農園

そうやって走っていると、トラックはだんだんと高台を登って行ってとても見晴らしの良いところに差し掛かりました。遠くの丘までがきれいに見渡すことができます。

f:id:baobab-no-ki:20170405010916j:plain

f:id:baobab-no-ki:20170405011620j:plainみんな窓に寄りかかって景色に見入っています。

ランチには町によって数名は昨日の夕飯の余り物で済ましたようですが、僕を含めたその他大勢は近くのレストランでプレミアリーグの前節のハイライトを見ながらパテ以外冷たいハンバーグで腹を満たしました。PCの充電もできたし満足な昼休憩となりました。

f:id:baobab-no-ki:20170405011825j:plain鏡にサッカーを熱心に観るみんな写ってる笑

ちょうど昼飯を食べている間から雨が降り始め、車内は熱気が立ちこめてムシムシな状態に、それも2時間ほどで降り止んでその頃に雰囲気のある橋に到着しました。

f:id:baobab-no-ki:20170405011952j:plain

とても古そうな見かけで、目測で30年以上は前のものとみられます。現在は使われておらずその手前に新しく中国製のものとみられる橋が架ってました。

f:id:baobab-no-ki:20170405012224j:plain雨季の川の流れはキョーレツなものです。

この後30分ほど今日の寝床を探してストップ。テントを建てたと思ったらまた雨が振りだして、今度は雷とともにけっこうな豪雨となりました。てなわけで天然のシャワーでマーク、トビー、ブレークと共に身を清めました。雷がゴロゴロ鳴って、おっかないながらもはしゃぎながら体を洗ってスッキリ。川とちがって純透明な水だから、このシャワーになにも文句はありません。ただ風邪引かないように気をつけなきゃならない。

 

明日も移動は続きます。