読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

再ナミビア9日目*

f:id:baobab-no-ki:20170511173626j:plainチーターと緑って不調和ね。

昨日の記事で言ったように今日はチーターパークへ再訪、ただヒンバ村へは予定が繰り下がって明日の朝訪れることとなりました。まあ僕はどっちにしろもう行かないからどうだっていいのだけれど。

f:id:baobab-no-ki:20170511174009j:plainチーターの餌になる牛の解体作業中

そういうわけで、チーターパークの方でも金のかからない家で飼われているチーターにはまた会いに行きましたが、有料の餌やりには今回は行きませんでした。

f:id:baobab-no-ki:20170511174312j:plainこれまたチーターと耕運機も不調和ね。

ということで、今日は殆ど一日を移動に使うこととなりました。そのおかげでもうナミビアも北の極まで来たり、東へ移動すればもうボツワナ入国です。

 

明日は朝からヒンバ族に会いに行って、その後エトーシャ国立公園へと入っていきます。

f:id:baobab-no-ki:20170511174935j:plain餌やりに行ったピートからの提供ピク、もはや野生のそれです。やっぱチーターは藪にいなくちゃ。

一週間レポート その24

新メンバー、新ツアーリーダーとなって変わった点がいくつか見受けられるようになりました。

まずは新メンバーとなって変わったところ。

PIC新メンバー

現在のメンバーの数はスワコプムントでジュリアとトムが再帰して、ピジョーシが去っていきましたが、計19人もいます。こんなに人がいるのは、シエラレオネでイタリアン夫妻が去って以来なので、実に4ヶ月半ぶりの大所帯となっているのです。それにここからトビーとマークもボツワナから加わることとなるので最後には21人ということになりますね。

こう人数が増すと自ずと移動中のトラック内は狭くなって、ケープタウンまでは半分以上の席が空席となっていたのですが、今ではびっしりとほとんど隙間なく埋まっているのです。基本自分のロッカーのある席に座るという暗黙のルールがあるので、一人でロッカーを専有している僕は大抵二人掛けの席を一人で独占できているので、あまり苦ではないのですが笑。まあ他の人は窮屈そうではありますね。

次に新ツアーリーダー、ジェフとなって、今までのツアーのルールやルーティンが色々と変えられることとなりました。

まず以前まではスティーブというドライバーがツアーリーダーも他の雑務も全て背負っていたので、少々ルーズなところがあってのびのびとしていられたし、その体制で5ヶ月も旅を過ごしてきたのでこの変化には少し閉口しているのが正直なところです。

まず大きな違いが給食当番でのこと。これまではスティーブが食材を集めて曜日当番制で毎週1度昼、夜、朝の順番で調理をしていたのですが、今では決められた予算の中で各自が買い物をしているのです。それに曜日当番制ではなくて番号を1〜6まで振り分けられたグループになって順繰りに回ってきて、夜から始まって朝、昼の順ということに変わってしまいました。まあ色々と勝手が変わって不便なわけです。

また節電という名目で夜間にトラックの電気をつけられなくなりました。前はトラックの中で夕飯の前や後に電気を灯して遅くまでみんないたものだったのですが、今ではジェフがトラックのビーチで寝るようになったこともあり、みんな早寝するようになっちゃいましたね。

他にもパスポートは各自の保持となったり、飲水用だった蛇口が手洗い用になったり、夕食後に当番制でトラック清掃があったりと些細なことも変わったりしています。

まあこれらの事々は不満というよりかは不慣れ、不便なだけで、次第に慣れていくこととは思うのですが、前のが快適で便がよかったということは確かです。まあ結論としては二人(ドライバーとツアーリーダー)いたとしても一人のスティーブには敵わないというほどスティーブが鉄人だったということです。まあ新ドライバー、新ツアーリーダーが一所懸命にやってくれてないというわけではないのですが、まあこればかりはどうしょうもないことですね。