読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

新たな挑戦

人生最大のイベントが始まります

 

一番最初の記事でベトナム旅行から帰国次第にゆっくり今回のことについて書くと言いましたが、のんびりしすぎたためにギリギリになってしまいました。現在僕はイギリスはロンドンにいます。

 

f:id:baobab-no-ki:20161113220633j:plain人生初の欧州上陸

 

ロンドン滞在の目的は観光でも留学でもなくあるツアーに参加するためです。そのツアーはオーバーランドツアー "Overland Tour" と呼ばれるもので日本では聞き馴染みのない言葉ですが、欧州ではポピュラーなツアーです。トラックを乗客が乗れるように改造し途中で食事を作りブッシュキャンプをしながら大陸を移動するというものなのですが、今回僕はイギリスのオアシス社アフリカ一周ツアーに参加します!

f:id:baobab-no-ki:20161113214708j:plainこの黄色いトラックに乗り込み、大陸を移動していきます。

僕は京都外国語大の二回生なので、普通外大生という身分ならば「海外に行く=留学」みたいなものがあるでしょう。そしてかくゆう僕も入学する前はそのつもりで外大に入りました。

留学には二つのタイプがあります。一つは語学留学、学びたい言語、例えば英語ならばアメリカ、オーストラリア、フィリピンなどに行き現地の語学学校に入り英語を習得するというもの。もう一つは自分の持っている言語を使ってなにか別のものを学ぶというもの。例えばマサチューセッツ工科大学に行って航空力学の授業を英語で受けるとか。留学というものをあまり考えたことのない人は前者のように言語を学びに行くものだと思っているのではないでしょうか。

「留学 イラスト」の画像検索結果

 

 

一年生の夏、僕は右京区図書館である本と出会いました。その本のタイトルは「アフリカ大陸一周」。 この本との出会いがここまできた全てのきっかけです。この著者が実際にオーバーランドツアーに参加し、その体験を綴った紀行ものです。

 

アフリカ大陸一周ツアー―大型トラックバスで26カ国を行く (幻冬舎新書)

アフリカ大陸一周ツアー―大型トラックバスで26カ国を行く (幻冬舎新書)

 

 

当時僕は留学に対しての関心をなくしかけていました。僕の場合、留学に行くとすると一つ目の語学留学タイプです。英語を使ってなにかを学ぶには程遠いレベルの話だから、しかし語学留学にいったとして英語をマスターできるという自信がどうもありませんでした。それは逃げがあるからです。どうしても日本人と関わったり、一人で篭ってしまったり。僕はそうしたものに勝てる気がしなかったのです。また言語だけ学びにいくというのも面白くなかったってのもあります。

だけど在学中に長期の海外生活の経験を一度はしてみたい。そうしたことを考えていた時期にこの本に巡り会い、そういった気分のときだからこの本の冒険にとても興味を持ちました。

 

f:id:baobab-no-ki:20161113214818j:plain赤の点線がルート。このままエジプトまで行くというプランもありました。

 上の地図が僕の選んだルート。カテゴリーにてアフリカ一周と謳っていますが、実際は10/7周くらいかな笑 僕は一番最初の都市、モロッコから参加しケニアはナイロビで途中下車する予定です。訪問国数は計22ヵ国で、途中いくつかの大きな都市で下車し旅を終えたり、新たな参加者が途中から乗り込んできたりします。

 このツアーの参加者のほとんどは欧米人です。なので強制的に自分を英語だけの状況下におけます。また参加者は母語が英語ではなくドイツ語であったりスペイン語であったりします。つまり様々な国籍の人(まあ先進国の人に限られるけど)と生活をすることができます。

 

しかし言語の習得がこのツアーに参加する動機の最優先事項ではありません。だいたいそれは3位くらいですかね笑 一番重要なのは日本を離れることです。日本からでて海外の立ち位置から日本をみて、自分の国とはどんなものなのかを知りたいと思いました。日本にいては絶対に知り得ないこともあるということです。それなら留学でいいじゃんて思われるかもしれません。そうですその点では留学でいいんです。ただそこから英語をマスターできたりついでにアフリカもできたりだとかのオプション、付加価値を考えたときにこちらに分があったんでしょうね。

長文になりましたが、ここまでが僕がこのオーバーランドツアーというものに参加するに至った経緯です。七ヶ月後の僕はどうなっているのでしょうか。楽しみと不安の中にあります。

 

・興味のある方はぜひ一度Oasis社ホームページをご覧ください

     http://www.oasisoverland.co.uk/