帰国の途

8ヶ月ぶりの母国、日の本へ。

今はルワンダキガリを発って、エチオピア航空利用なので、そこの首都アディスアベバにてトランジットの真っ最中に執筆してます。こちらの時間で7月11日の夜9時前。明日の今頃には8ヶ月ぶりの日本を満喫していることでしょう。

f:id:baobab-no-ki:20170713220520p:plain

トラックを離れてから早2週間、本来ならその後のウガンダルワンダ小旅行編も記事にするつもりでしたが、気分が乗らなくって、やる気にならなくって、まあただ書くのが面倒で、飛ばしました。このブログはオーバーランドアフリカ旅行のために開設して、それを少々サボりを挟みはしたものの、無事に書き終えるということができ、それが本ブログの元来の本望であり、大義だったので何も悔いはありません。

来春にはインド一周に行く予定なのですが、そういう事情でおそらくそれもまた記事にはならないかと思います。第一僕の場合、移動や旅程を全て委ねられるこのオーバーランドツアーという形体であったから、時間に余裕があって記事を毎日書けていたということなので、自分で周るバックパックだとキツいと思います。てか絶対毎日書きたいと思えないだろう。

ただこのツアー後の小旅行はとても良くて有意義なものでした。僕はみんなと一緒にイーストアフリカビザ(ケニアルワンダウガンダ共通ビザ)を取得したので、ウガンダにも行ったは行ったのですが、そこには3日しかたったの滞在せず他の10日以上はルワンダの首都キガリの同じホテルに連泊してました。それはこの小旅行の最大、最重要の目的がルワンダの訪問だったからです。ルワンダは23年前に世界を驚かせた大虐殺があって、ひと月の内に100万人に近い人の命が消えたという暗い過去があります。でも今は経済が著しく発展をしているようで、それは「アフリカの奇跡」と呼ばれ、完全なる復興を成し遂げています。そのワケはネットや文献を探ればすぐに突き止められるのでしょうが、僕は現地に赴き、自分の肌でその空気を感じとっておきたかったのです。それで掴めたこともありました。

こうして書いていると、やっぱり文におこしておいた方が良いかもしれないなあ。

ということで、急遽、今、たった今決めました。ルワンダだけはまた特別編で書きます。その意味は大いにあると思うから。近いうちにはアップします。あとツアーの総集編的なのものも書くかな。分かんないケレド。

 

このトランジット2時間の後はまた16時間くらい飛行機に乗って(途中Hong Kongでの機内待機1時間弱含む)、夜に成田に着きます。僕の実家は三重なので、中部国際空港行きがあればよかったのですが、生憎そうも上手くはいかず東京着の便となってしまいました。

でも運良く、そこには高校の後輩くんがいるので泊めさせてもらいます。彼とは久方の再会で、酒でも呑みあって(下の下の下戸だけど)から帰ることになりますかね。

 

ではでは