読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

モロッコ7日目*

このツアー初ブッシュキャンプなるものをしました。

f:id:baobab-no-ki:20161124041616j:plain朝焼けと藪

ブッシュキャンプのブッシュとは日本語で藪の意味でつまり野外キャンプということで、今までのキャンプ場のようなトイレやシャワーなどの設備の整ったところでなくただの野原でテントを設営し、ごはんを食べ、夜を明かすということです。

 

f:id:baobab-no-ki:20161124042619j:plainモーリタニア大使館前で待機

 昨日書いた申請書類を持って大使館を回り始めます。ただ一日で全ては周れないので、今日はモーリタニアとマリそしてコートジボワールの大使館に赴きます。今日は月曜日早ければ金曜日に全てのビザが揃い、ラバトを出発します。

となるとその日まではラバト滞在となります。ゆうなれば待ち日です。Waiting Days です。

 

一週間レポート その①

今日でモロッコ一週間目、ツアーが始まって一週間が経ちました。まあ厳密にいえばジブラルタル滞在を含めるとそれ以上になるんですが、そこはまあキリが良いということでこれを一週間として振り返って行きます。

f:id:baobab-no-ki:20161123061758j:plain現在地 Rabatは地図中央

まず第一の感想として英語分かんねえ!全くなに言ってるのかわからない。会話の90%が聞き取れない。自分の言いたいことが50%伝わらない。ここまでいくともはや話に参加できないですね。

今回のツアーには日本人などいなくてほぼ全員が英語会話者。ただ絶対にこんなツアーには参加しないだろうと思っていたイタリア人なるものがいました。このイタリア人、2人いて夫婦での参加です。(本当にイタリア人というものはこんな過酷で貧乏な旅には100%行かないものだと思っていた)旦那さんの方は事前に英会話を習ったり、アメリカに1,2ヶ月滞在してある程度は話せるようですが、奥さんは僕と同じくらい話せないみたいです。

参加者数は21人で国籍は大半はイギリス人次にオーストラリア人が多く合計で10つもの国籍に分かれています。このことについてはまた別の機会にでも詳しく述べていきたいと考えています。

ただ会話にならないというのはけっこう深刻で、みんなで談笑しているところにいてもなんで笑っているのか理解できない。どこがオチなのか分からない。これはもう重症なほどの酷い英語力ですね。ただこれを別にペシミスティックに考えているのでなく、前にも言いましたが僕はこの状況、環境の中に入るためにこのオーバーランドツアーというものを選択をしたのです。なのでなにも後悔などしてはいないです。むしろこの経験をしたかったと言えます。

 

PS.本当にネイテイブは驚いたときにジーザス クライスト Jesus Christっていうもんなんですね。頻繁に聞くのですが、なんか聞くたびに面白いなあと思います。