読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

セネガル8日目 最終日

昨日から続いているこのただひたすらに東へ走るのが今日の日程。この先に待ち受けているのは4ヶ国目、マリです。
なので今回は特に書くこともないので、セネガルの感想でも述べていくとします。
 

f:id:baobab-no-ki:20161230070348j:plainダカールで見た安富本店の車。どんな因果か秋田から回りまわってこんなところにまで来ていまよ、安富さん!

 
今思うとセネガルは砂漠の国モーリタニアを抜けてきた僕達にとってオアシスのような国という印象を最初与えました。人々が蟻のように群がる国境のセネガル川から始まり、それからどこを走っていても緑が絶えることはありません。地平線まで緑で茂っていて豊かさそのものでした。またこの国に入ってからイスラムの色もなくなり、アラビア人もいなくなって黒人一色になり、いよいよブラック・アフリカに入ったことを感じさせました。やはりこれまでのモロッコ、モーリタニアイスラムの国ということと乾いた土地柄から、アフリカというよりトルコや中東を連想させるように思います。なのでこのセネガルに入ってから「いよいよかここからがアフリカだ」という思いになりましたね。
 

f:id:baobab-no-ki:20161230065057j:plain緑がどこまでも続く

 
敬虔なイスラム教の影響がなくなって(実はまだ過半数以上はイスラム教、ただその信仰心は薄い)一番その変化が現れるところは、女性の外見のように思います。イスラム教徒の女性は外に出る時に肌を隠さなければ行けません。厳格な人は顔一面を隠している人もいましたね。実際イスラム教徒でないこのツアーの女性陣ですらノースリーブのシャツを避けたりしていました。
 

f:id:baobab-no-ki:20161230064901j:plainアフリカの女性はカラフルな色がまた似合う

しかしここセネガルの女性達は一様にとても明るくイスラムの世界からきた僕には眩しいほどの華やかな服装をしています。ぼくはこっちの方がアフリカらしく輝いていて良いよねと思いました。
 
とまあセネガルのことというよりその前の国々との比較のようになってしまいましたが、セネガルは僕の少ない海外経験からみましても上位にくい込む立派な観光国だというのが結論です。ラック・ローズのいちごみるくが見れたら最高だったなあ。
 
明日からはマリ編突入です。