読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

ガーナ16日目 最終日

ガーナ感想記
朝の6時スティーブとブルース、トムがアクラへタクシーで向かっていきました。スティーブはアンゴラ大使館に用があるのですが、他2人は郵便局に行き、家族宛てに手紙を出しに行くのだそう。僕はもっと寝ていても良かったのですが、彼らが出ていった頃に目が覚めもう寝つけなかったので起きることに。

f:id:baobab-no-ki:20170118182952j:plainモレ国立公園にて。イボイノシシの夫婦

なんで今日は全くの待ち日。特に何をするでもありません。のんびりと一日を過ごしていました。その中で起こったのが川で泳いでる時に木に括りつけてあったひもでターザンしていると、飛び込んだところが浅くて左足が勢いのまま底の岩にぶち当たって踵がちょっとえぐれちゃいました。記念に写真もとったのですがちょっと肉が見えてグロが過ぎると思って自粛いたします笑1ヶ月後のカメルーン山登山に間に合うかしら。

f:id:baobab-no-ki:20170130053900j:plainこれでやらかした

昼過ぎにスティーブが帰ってきて、その手にはパスポートが。ということは晴れてアンゴラ査証をゲットできたというわけです。

f:id:baobab-no-ki:20170131144402p:plain

3万円のビザ。これでなにを見してくれるのでしょうアンゴラさんは

これで予定通り明日の朝にはトーゴに入ることができます。それなので今日がガーナ最終日ということになり、またこんなに長く一つの国に滞在したのはモロッコ以来。やっぱり2週間もいれば何かその国の味が掴めるわけで、今回の記事ではガーナを振り返っていく回ということにします。モロッコの時にはランキング形式の総括でしたが今回はまとめてガーナについて書いちゃいます。

 

一言で行ってしまえばガーナは西アフリカの中の先進国でした。インフラは整備されているし首都アクラにはいくつもの映画館がある。そして極めつけは犬に首輪を回しつけて散歩している人までいる。(野良犬は数え切れないくらい見てきたが、この時まで人に歩かされている犬はついぞみたことがない)それが次の画像。

f:id:baobab-no-ki:20170131143831j:plainアクラ中心地、アクラモールそばにて

しかしそんな都会、文明だけでなくてガーナでは自然にも魅せられました。ガーナ2日目にはモレ国立公園に入りこの旅初の野生のアフリカゾウを、翌朝には園内を涼しい気分のなか数時間の散歩。この時にも象を見れたし何よりも爽やかな気候の中気持ちのよかった記憶が残っています。それと後で知ったことなのですが、象などの大型動物のいる公園を車から降りて歩くことができるというのはめずらしいのだそう。そういった意味でも特別でしたね。

f:id:baobab-no-ki:20170118183028j:plain

もう一つガーナでの自然といえば、吊り橋渡りですね。まあこれは人工物なので厳密に言えば自然ではないのかもしれませんが、そこは国立公園の中ということで勘弁していただいて。そのカクン国立公園はガーナ6日目に行く予定となっていたのですが、時間がなくてアクラに着くことを優先されて見送られてました。でもケープコーストからの帰りに立ち寄ってもらえました。

f:id:baobab-no-ki:20170127011058j:plain

吊り橋なんて渡ったことのなかった僕は高いところ好きなので吊り橋気に入っちゃいましたね。ただ下が透けてみえちゃって高所恐怖症の方にとっては地獄なんでしょうけど。ちなみに僕は反・高所恐怖症、 反・閉所恐怖症です。でもこういう人って地味にけっこういますよね。

 

またガーナに入ってから楽しみになったのが昼のランチタイム。ここからアボカドさんが八百屋に並ぶようになったのです。それまでは切った生の野菜をパンに挟んで食べるという貧相なものだったのですが、アボカド様のお力で高貴なランチになりました。

f:id:baobab-no-ki:20170131144033j:plain

↑1個50円という破格。

これは気候の問題なのか人々の好みの問題なのかわかりませんが僕にとっては嬉しい出来事でした。でも日本にいる時にはアボカドなんてものは食べませんでしたね。第一果物なのか野菜なのかもわからない。なんでアボカドをここのところ毎日たべるようになってその実力に圧倒されてます。アボカド美味だあ。アボカド万々歳です。

f:id:baobab-no-ki:20170130051201j:plain

↑アボカドを贅沢に使ったペーストをパンにはさんでパクり。うんまいっ!

f:id:baobab-no-ki:20170130053049j:plainアボカドもいいけどガーナといえばのカカオも見学してとても興味深かったです。

 

まあまとめとしては都会あり自然ありそして物価も落ち着いているというのが2週間の滞在の中で掴んだガーナにおけるガーナでした。ガーナ人も英語を話せるし気さくでそれもプラスポイント。

ここを過ぎるとまたひどい物価のひどい道路に入ることになります。次のガーナはナミビアかなあ。

 

明日はトーゴに入ります。