読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

ナイジェリア4日目

この旅最高級のホテルに泊まる

昨日からの遅れを取り戻すため朝の6時まだ暗いうちに出発して移動日3日目が始まりました。今日は昨日のような迷惑な人たちに会うこともなく、予想通り首都に近づいていくにつれ道がキレイにまた車線も多くなって行きました。

f:id:baobab-no-ki:20170210011555j:plain

そして昼食をはさんで2時にはアブジャに到着。でもこの時間からではビザ申請には遅すぎます。

f:id:baobab-no-ki:20170210011402j:plain途中ニジェール川を通過。マリのバマコで屋形船に乗り見た川がここまで流れてきてると思うと感慨深い

アブジャは都会というより高級住宅街の町といった印象で、やはり形式だけの首都のようです。高層ビルみかけないし、通るところ通るところにあるのは有刺鉄線の張り巡らされた厳重な家の数々。その中心地に一般家庭の民家はどこにも見当たりません。ここには金持ちの黒人と外国から派遣された裕福な外国人がそのほとんどを占めているのだと思います。

そのせいか僕たちが今日泊まるところもエライところになりました。超高級ホテル、たぶんアブジャ一だと思われます。その名もシェラトンホテル。

f:id:baobab-no-ki:20170210011301j:plain

皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか?日本にも多く展開しているアメリカの外資系ホテルです。その中の施設に驚いた。写真で巡っていきます。

f:id:baobab-no-ki:20170210011151j:plain当然の如くプール

f:id:baobab-no-ki:20170210011338j:plain三面のテニスコートとバスケットコート

f:id:baobab-no-ki:20170210011433j:plainフットサルコー

f:id:baobab-no-ki:20170210011225j:plainスカッシュのコートなんてものも。初めて見ました

ここには金持ちそうな黒人が半数、他はほとんどが白人の中、中国人もけっこう目につきました。シングルルームに一泊するだけで3万円が飛びます。でもまあそんなもんかこんだけ豪勢な設備があるんだからとも思いますが。ただキャンプをするだけでも合計2万かかったのには驚きましたし、払うスティーブは悲鳴をあげてました。

その代わりいつぶりかわからないホットシャワーを浴びれましたし、クーラーの設備の部屋もありとまさに天国でしたね。

f:id:baobab-no-ki:20170210011507j:plain

今日はトラックディナーはなし。かといってこのホテルで食べるとなるともう法外な金をとられるので、数人で町にでてピッツァを食べに行きました。しかもドミノ・ピッツァです。僕ここのピッツァ日本でも食べたことないかも。

f:id:baobab-no-ki:20170210011549j:plain

ああいつぶりのこの文明の味だろう。と郷愁を感じながら頬張るピッツァ。こんなにおいしいものかと思いましたね。アクラでは食べる機会があっても食べませんでしたしね。節約で。

もうこれ以上食えないってくらい胃に詰め込みました。その代わり1,000円以上かかっちゃいましたが。まあたまにはね。

 

明日は開館と同時にカメルーン大使館に赴き、ビザを申請する予定です。