読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

ナミビア9日目

上空3,000mからの投身!、30秒間空を飛ぶ!!

落ちる落ちる、みるみる落ちて丸かった地平線がまた直線に戻っていく。重力に引っ張られて、ダイブした瞬間から体は急加速、最高時速200kmの風を受ける未踏の世界へ。そしてパラシュートが開き、空中を散歩。あー楽しかった。

f:id:baobab-no-ki:20170406011317j:plain

昨日言った通り、今日は昼からスカイダイビングをしてきました!メンバーは自分、ボブ、マークそしてトビーです。12時、キャンプサイトに迎えの乗り合いバスがきて向かうは昨日の代理店の事務所。ここで誓約書を書いて、体重を測定して、また車に乗り込みいざ飛行場へ。

f:id:baobab-no-ki:20170406163409j:plainめっちゃ英語書いてあって面倒だから読まずに署名。多分日本語でもそうしてた

スワコプムントのダウンタウンからわずか30分ほど走ったトコロにその飛行場はありました。

PIC2

そこは飛行場と呼べるほど立派なものではなく、滑走路も土が平らに整備されているだけ、管制塔なんてものはなくトタン作りの小さい建て物がいくつかあるだけのちっぽけな飛行場です。でもここはスカイダイビングをするためだけの飛行場なので問題はなし。僕らを空に運んでくれる飛行機も上画のとおりの小型セスナ。こんな小さいの乗ったことなかったので、これで飛ぶんだと思うだけでも興奮してきます。

f:id:baobab-no-ki:20170406011809j:plainまずは簡単な講習を受ける

講習が終わった後は自分たちの番が回ってくるまで待ちの時間。アドレナリンは出ているんでしょうが、以外にも心は落ち着いたもので、なぜかあったWi-Fi(超高速)でみんなしてネットサーフィンしてました笑。

f:id:baobab-no-ki:20170406163419j:plain

こんなダイビングスーツを着て飛びます。なぜか後のボブとトビーは着なくて良かったみたいだけど。そこらへんは日本と違ってユルユル。

待つこと30分、いよいよ僕たちの番。マークとともにセスナ機に乗り込みます。乗員は全部で6名。それでキツキツだったので多分定員もそんなもんでしょう。それくらいの大きさなのです。もちろん一人で飛ぶなんてことはできないので、タンデムといって後ろにスカイダイバーについてもらって一緒に飛ぶのです。だから身を委ねているだけでいいのです。

f:id:baobab-no-ki:20170406163146j:plain

いざ、テイクオフ

f:id:baobab-no-ki:20170406011419j:plain

凄まじいエンジン音が機内に響いて会話も儘なりません。高度はどんどん上がって、さっきまでいた飛行機はすぐに小さな点になり、スワコプムントの町の全貌が見えてきます。

f:id:baobab-no-ki:20170406163118j:plain

上画がスワコプムントの町。海岸線に沿って広がるところが富裕層(白人がメイン)が住むところで幹線道路を一本挟んで内陸の方は貧困層(黒人)の住むスラム街です。

ご覧の通り、スワコプムントというところはナミブ砂漠のど真ん中に突如に現れる小さなオアシス的シティです。

f:id:baobab-no-ki:20170406163109j:plain

内陸に目を向けるとエンエン続くナミブ砂漠

我々を乗せた小型機は10,000フィートに到達。これは約3,000mの高度です。ここからの展望は今までに見たことのない景色でした。いつも乗っている旅客機は10,000m以上の高度で飛びますが、ご存知の通りその窓は小窓も小窓。外を眺めるにも視野が狭すぎます。それに対してこの小型機だと高度こそ劣るものの視界は良好、真下も覗き込めば見れます。空も地上にいるときより何倍も広く感じます。地平線水平線が丸みを帯びています。

f:id:baobab-no-ki:20170406163204j:plain

さてここから飛び込むのか、と思うもつかの間。突然飛ぶ体勢にはいって、マークが最初に飛び込み、追うようにして僕たちもダイブ。やっぱ自分のタイミングもクソもありませんでしたね。全部後ろについてもらったダイバーの都合です。こっちに権利はなにもありません。

ドンッと飛行機から飛び出しあとは重力に従って下に落ちていくだけ。今考えると一瞬だったような、長かったような曖昧な記憶が残っています。ただ走馬灯なんてものは見なくてただ飛行(実際は200kmオーバーの落下笑)を楽しんでいました。

約30秒経ったらパラシュートが開いて速度が急激にダウン。ここからは5分の空中散歩で、パラシュートを少し操作させてもらいました。そして無事着地。

 

他のみんなも初体験で大興奮、存分に楽しんだようでした。

費用は2500ナミビアドル(22,500円)、日本だとこの倍はします。だからってナミビアに来る渡航費でそんなの関係なくなっちゃいますけど、でもなんにも遮るもののないナミブ砂漠の中に飛び込む爽快感は日本ではちょっと味わえない価値あるものですね。ちなみに飛行機からの画像はオプションでビデオを撮っていたボブからの提供でした。実はアイフォンを持っていけたみたいなんですけどてっきりダメだと思って置いてきちゃったんですよね。日本だと絶対ダメだと思うので、そういう規制ユルユルなとこもおすすめポイントです。

 

明日の予定は立っていません。

f:id:baobab-no-ki:20170406011627j:plain今日はあんなところから飛んだのか。