読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
                                               

トーゴ1日目

f:id:baobab-no-ki:20170130045218p:plainf:id:baobab-no-ki:20170130045158p:plain

10ヶ国目 トーゴ共和国   (地図灰色

トラック紹介 内装編

前回の国境超えは2週間以上も前。久方ぶりに新しい国に入ります。その名もトーゴ。なんでもフランス語が話されるアフリカのなかでは一番小さい国なのだとか。

ガーナを抜けてトーゴに入るのはいつもどおり人数が人数なので時間はバカにかかるものもそれ以外は問題なく出国、入国スタンプをもらうのに合計3時間ほどかかりました。トーゴでの目的地は首都 ロメ。僕達が今いるところは細長いトーゴの体の真ん中、腹のあたり。そしてロメは海に面している街なのでずっと南下していきます。

でもトーゴに入った国境近くに滝があって、そこにランチがてら立ち寄ることに。そしてその後には滝の上まで登ってくツアーがあって半分以上はそれに参加していきました。値段は安く400円ほど。普段の僕であれば登っていくトコロなのですが、今僕は手負いの状態にあるのでトラック待機組みとして居残ります。

 

その待ち時間の間遠の昔、調べてみるとモーリタニア最終日の記事の企画(モーリタニア5日目 最終日 - 人生、道楽)、その続きとなるトラック紹介の後編を書くために、トラックの内部紹介の仕込み、写真撮影をしてました。なんでトラック内装を写真とともに紹介していきます。

f:id:baobab-no-ki:20170128032943j:plain

まずは内部の全体図を引きの絵で。このトラックに無駄なスペースなど存在しません。全ての空間に収納できるように工夫され設計されています。例えば床、

f:id:baobab-no-ki:20170128033059j:plain

木の板で幾つかに区切られており、全てに何かしらのものが入っています。下の写真のように、

f:id:baobab-no-ki:20170128033301j:plain

その中の一つには食料が詰め込まれています。米、缶詰、小麦粉などなど。二段重ねになっていて、底にも缶詰があります。50個くらいいちごのジャムがあったりしますね。他の床下には野菜があったり薪があったりします。金庫もこの床の底の下に仕込まれています。これホントは書いてしまってはダメなんでしょうけど、日本語というマイナーな言語なのでセキュリティ上の問題にはならないかなと。英語だったらマズいと思いますが…

この画像の奥に見えるクーラーボックスには酒や果物が入ってることがほとんどです。

f:id:baobab-no-ki:20170128033113j:plain

座席は二人がけの日本のバスでよく見かけるあの感触のもの。シートベルトも備わってるのですが、あまり使われてはない印象です。個人の荷物を入れておくロッカーはどこかというと、それが座席の下に隠されているのです。

f:id:baobab-no-ki:20170128033130j:plain

これが僕のロッカーの中。汚くてお見苦しいですがお見せします。基本的に自分のロッカーの席に毎度座っています。これは暗黙の了解というか自然に決まったことなので交渉すればどこにだって座ろうと思えば座れます。

f:id:baobab-no-ki:20170128033148j:plain

僕のロッカーは”ビーチ”の真下。上画でいうと右側になります。ビーチのとはなにか?後でちゃんと紹介します。悪しからず。

次は天井近辺の装置を。床から天井までの高さはだいたい2mとちょっとここでは空間に余裕をつくっています。この天井に頭をぶつけるほどのノッポさんはいません。

f:id:baobab-no-ki:20170128033043j:plain

これは天井の収納。勝手よくとりだせるようによく使うものをここに収めています。ただしっかりと奥まで入っていなかった物が不意に落ちてくることがあるので要注意。まあいつ落ちてくるかわからないから注意してもしきれないけれど。

f:id:baobab-no-ki:20170128033247j:plain

窓際の四つ角にはそれぞれスピーカーがついていて十分な大音量、高音質で音楽を聞きながら走ることができます。彼らのかける音楽の中から新たな発見があったりなかったり。その奥に見えるはライトです。

f:id:baobab-no-ki:20170128033023j:plain

もう一つスピーカーが別に設置されていて、これはドライバースティーブがマイクで運転席から名所に差しかかったりこれからの細かい予定をアナウンスするために使われます。逆にこちらから運転席に声をかける手段はなくって、その代わりにバズと呼ばれるボタンが設けられています。

f:id:baobab-no-ki:20170201015920j:plain

この黒いボタンを使ってトイレ休憩や緊急の停止などをを要求することができるのです。1回押せばトイレ、2回だと写真を撮りたいといった具合に。横にある白いスイッチはライトのオン・オフスイッチ。

f:id:baobab-no-ki:20170128033010j:plain

最後の天井装置。これは電源ですね。シガーソケットがいくつもつけられていてそこにUSB充電用のものをはめ込みスマホやカメラなどを充電するというわけです。年末に一度壊れてしまってスティーブが自力で直してくれたのですが、それ以降24Vになってしまい、充電できなくなった人もいました。僕は万一また壊れて再起不能の状態に陥ったとしてもモバイソーラーパネルを持参しているので安心しています。何人かソーラーパネル持参の人いますね。

 

f:id:baobab-no-ki:20170128033201j:plain

続いてはビーチ。上画のものがそれで、ここに寝っ転がったり膝立ちしながら外の風景を楽しむことができます。ただ時速80Kmとかで走っているのでなにかが飛び出してきて急停止したり、他の車と体当たりでもすれば外に吹っ飛ばされることは必死です。もしそうなれば運良く命は助かっても(十中八九痛みなく死ぬと思うけど)ツアーを続けれないほどの外傷は確実でしょう。人生にすら復帰できないかもしれない。

f:id:baobab-no-ki:20170128033210j:plain

そのためにかちゃんと要注意のプラカードが貼ってあって、ここには「走行中にビーチの上で立ったり座ったりするな」と書いてあります。もちろんこれはタテマエなのであって実際に走ってる最中ここから顔を乗り出して外を眺めるのは日常茶飯事なことです。

f:id:baobab-no-ki:20170201001140j:plainこんな感じでね

スティーブもそれに口出しをしません。でも有事の際にこちらは責任を取れないよというサインということなのです。それをこちらも承知して死ぬ覚悟(そんな覚悟は毛頭ないが事故ったらまあ死ぬだろう)を持ってビーチに毎度々々ここから景色を見渡しているのです。これがまたトラックで一番高いトコロなのだから見晴らしが良くて見飽きないんですよね。命を懸けるほどのことではないのかもしれないのだけれども。

また夜にはテントを張らずにここで寝ることもできます。最優秀はその日の給食当番の人で彼らがテントで寝て、他の人複数名がビーチに寝たいとなったらそれはコインで決めることに鳴ります。

f:id:baobab-no-ki:20170209014851j:plainビーチ専用の蚊帳がついてます

 

てな感じでめちゃくちゃ長くなってしまいました。2,500字超え、最長ですね。これも前後編に分けてしまおうかとも思いましたが次がいつになるのか読めなかったので、無理にでも押し込んじゃいました。

f:id:baobab-no-ki:20170201001406j:plain

ナショナルジオグラフィックのアフリカ大陸図が貼り付けてある。こうしてみるとでっかくて途方もないなといつも感じます

このような設備のおかげで快適に移動できているし、なに不自由ないし、やっぱりここはみんなの動く城ですね。以上トラックレポートでした。前編もみてね。

モーリタニア5日目 最終日 - 人生、道楽

 

今日は滝ツアーからみんなが帰って来た後にもう一度移動、しかしロメにはたどり着かず明日に持ち越しとなりました。